スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和をもって尊ぶ、がチームを強くする

昨年はまとまり感が少なかった両チームが立て直しをはかっている。

まずは阪神、真弓監督は【外様】ではなかったが、【生え抜き】でもなく、近鉄のコーチ、そして岡田監督路線の踏襲と、【よそ行き】の采配が多かった。藤川の酷使というチームの要を傷つけ、ベテランに気を遣いすぎる布陣に勢いがなかった故に昨年低迷した理由があります。
今年から【生え抜き】の和田監督になり、見ていると、流石チームの事情を把握している、采配は極めて地味ですが明らかにチームがまとまってきている印象があります。

パ・リーグではロッテが、和をテーマにチーム作りをしていますが、昨年はフロント主導で生え抜き選手会長サブローを放出、和が乱れチームは最下位になったが、フロントがかわりサブローを戻し和でチームの再建を目指す体制を徹底してきてます。
まとまると怖さが増す両チーム、浮上はあるのでしょうか?期待が高まります。
スポンサーサイト

実戦経験がない監督の明暗

2012が開幕して数試合がたちましたが、いつもながら面白い試合が多く飽きさせません。

今年からの新監督で、プロ野球のペナントでの采配経験が少ない監督が2人います。

まずは、日ハムの栗山監督、そして横浜の中畑監督であります。

栗山監督は現役引退後長らくスポーツキャスターとか、取材する立場で活躍、プロ野球を科学する感覚を学んできました。

中畑監督は長嶋茂雄氏の忠実なる教え子であり、プロ野球をいかにして盛り上げるかを意識してきた人です。

監督就任直後からマスコミへサービスしまくる中畑監督、最下位が続く球団が一躍注目の的になり、彼なりの活躍はしてきたと思います。

しかし、大事な公式戦がはじまると、継投のまずさが目立ちます

3月31日の試合では、左の先発投手からの交代で同型の左腕篠原を【右打者】に使い痛打され結果決勝点になったシーンがありました。

ブルペンでは、加賀という右サイド投手がスタンバイされていて、【何故加賀を使わない?】といぶかる場面となりました。
打者との相性とかみえないデータがあったかもしれませんが、それなら何故【同型投手】にしてしまうのか?
以前五輪で代表監督代行の時に内野手の名手の日ハムの金子誠を、守備固めといいながらプロで守った事のないファーストに入る、おそらく内野はオールマイティですよ、という情報で実際見ないで采配をする風潮があるのかもしれません。

外を意識するのはいいのですが、内部把握はしっかりしないと【勝つ】野球は難しいかと思います

そして対象的なのが、日ハムの栗山監督。

斎藤佑樹をエースにと、オープン戦でロクな結果出てないのに据えたりして、かなり疑問符があった人も多かったと思います、実際私もそう思ってました。
しかしフタをあけてみると、大舞台に燃える斎藤佑樹は力を発揮、采配も【確率の高い】と【最善を尽くす】をキーポイントに無駄のない采配をしてます。

こちらは逆に選手の力をじっくり見極めた結果がでた状況です。

勿論、勢い乗せたら中畑監督の本領もでるでしょうし、歯車が崩れた時の栗山監督に心配もありますが、まずは両監督の明暗がでたかな、という見解です。

今後の采配に注目ですね。

バントは職人の仕事なんですが…軽んじられてる現状…。

日本シリーズでソフトバンクが多村に送りバントのサインをだして、2球失敗の後、ヒットを打ったシーンがあった。

多村は横浜時代からバントの経験がほとんどない選手。

秋山監督が、4番でもバントはさせる!といってたのだが、バントという作戦を軽んじてるのではないか?


バントという作戦は、アウト1つ献上してでも1つランナーを進塁させる【地味】な作戦。

地味が故に【確実にバント】という言葉が独り歩きした。
しかし、名手ならいざしらず、並の選手のバントの成功率は意外に低い。ましてやバントをしたことが皆無な主砲にバントというのはナンセンスで成功率が著しく低い愚かな作戦としかいいようがないのである。

しかし、そんなバント作戦も、いわばみせしめのように考えるチームも未だによく見かける

大砲のチカラに頼るチームに見かける傾向で、今回ソフトバンクにみられたのは些か残念であった。

同じ発想で、リリーフというのも軽んじる発想のチームもあったりする。どちらも職人の仕事なのに…もう少し冷静に選手を使う発想がチームに求められる。

監督の引き際に意気を感じる粋なチーム

日本シリーズ、中日とソフトバンク、なかなかな戦いをしているが、監督退任が決まる、落合監督の【優しい】コメントにチームが強くまとまっている。

今シーズン、シーズン途中で監督が辞める話になったチームが2つあったが、見事に明暗が別れた。

落合率いる中日は、監督に花道をと、チームがまとまり、落合も、【出来る子だから】と信頼して、チームをまとめ優勝にこぎつけた。一方、日本ハムの梨田監督は、あれだけ貯金あったのに急失速。監督退任に選手が動揺した結果、首位ソフトバンクに大差つけられ、クライマックスシリーズもあっけなく負けてしまった。
梨田監督はやはり【外様】というのもあるが、どことなく【やとわれ監督】の印象はあった。しかし落合監督は、自分の現役からの経験で【ベテランのプライド】を尊重して選手を信頼してきた。そういう雰囲気が選手達が自覚を持ち、モチベーションを高めここまでこぎつけてきたと言える。

2勝3敗、後がなく敵地に行くのだが、昨年の悔しさも生々しくあり、経験値の高い選手達が集まるチーム、6戦を拾えば立場が変わる、まだまだがっぷりよつの戦いが期待できる。

いくつもの方程式をもつ強み、ソフトバンク

日本シリーズ、中日とソフトバンク、実に面白い対決をしている。
強力な先発陣もさることながら、リリーフ陣の層の厚さがウリの両チーム。特にこのシリーズ、ソフトバンクのリリーフ陣の出来が左右されている。

初戦、2戦目と、ソフトバンクのリリーフエース馬原が10回同点で登板、2死の後失点で敗北という、いわば逆シリーズ男となってしまった。
しかしながら、普通のチームならば1つしかない【方程式】だけど、層の厚さが出来る【余裕】がチームにあった。

馬原を休め、好投を続ける連投のファルケンボーグを臨時にリリーフエースに仕立て、次は4連投のファルケンボーグをベンチから外し、代わりに先発転向して成功した摂津をリリーフにまわし休ませた馬原が仕事をした。
馬原も吹っ切れたし、摂津も後ろでフル回転で使える、ファルケンボーグも休めて使える状況。無論先発に摂津が抜けても和田、杉内が控える
敵地で3つ取ったソフトバンク、抑えに【死角ナシ】で多彩な方程式を使え、ホームで迎えうてるのはかなり有利と言える。6、7戦の戦い方が注目される
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。