スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マエケンの成長に思う事

今年の一番の成長株は広島の前田健太、通称【マエケン】である

やや荒れていたコントロールが落ち着き、ストレートが数キロ速くなりいろんな球でストライクがとれるようになった事が、バケた原因である

しかしながら、それだけがバケた原因ではない、【エース】の自覚である

元来大黒柱だった黒田は海外へ、抜けた穴は資質十分の大竹が有力だったが、ケガで出遅れた、エース不在が数年後にバケる素材のマエケンを早く開花させたのである

主力の海外進出が増えてるがちゃんと後釜はでてくる、松坂の後の西武なんていい例である

このまま海外進出組が君臨してたら、今活躍してる若手がここまで育ったか?
そう考えると日本の層の厚さを感じる事ができる
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。