スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脇谷ポロリ事件にて…

先日伝統の一戦、巨人阪神戦にて、巨人のセカンド脇谷へのフライをお手玉して落球する場面があり、判定した1塁塁審が背後からというのもあり、捕球と判定、アウトになったシーンがあった。

この試合、阪神のセカンドの平野の超ファインプレーなど好プレーが続いてた流れもあったが、この1プレーで一気に台なしになった感じであった。

当然阪神真弓監督は抗議するも審判団の協議すらなく判定は覆されなかった。

その時のVTRだと完全に落球の瞬間が映り、球場全体の大多数も落球を確認してた状況なので審判へ非難が集まるかと思ったが、試合後、脇谷が、ふてぶてしく発言したのが原因で翌日脇谷には全打席ブーイングがでたという。

この一連の事態に、なんか違和感があったので書いてみることにする

まずは阪神ファンならびにアンチ巨人の皆様、非難するべき相手は脇谷ではなく審判にするべきだと思う。
脇谷としたら、シラを切るのもプロならありえるし、非を認めるわけなんてないし、むしろ本題の誤審を追求すべきで審判団の協議とかはあってもよかったのではないかな
09年のフロント批判に徹したロッテの応援団(MVP)は西岡選手の訴えに西岡批判をするが、周りからの非難を浴びて退場した経緯もある。
非難が応援団の役割ではないので、どうか脇谷へのブーイングはやめてほしい

しかしながら、その脇谷もありえない対応をしたともいえる

ダーティーなキャラが定着している選手ならいざしらず、まだ【若手】とちやほやされどちらかといえばクリーンなイメージがあっただけに、この一言の代償は大きいかと思います
わざわざ誤審ですむ案件を全部しょいこむ結果に、脇谷選手以外にも、やはり一言の言葉選びには気をつけて欲しいものである。

そして、審判員。
いくら絶対的な存在とはいえ、確認のために協議は必須。
今ではVTRもあるので、4人制+VTR用審判も作り、物言いみたく対応してもいいんではないかな?
世界基準で6人→4人審判になってきてるが、逆に日本発でVTR審判員を作り世界基準にもっていってもいいのではないか。

とにかく、すべてを台なしにする誤審、審判員の意識向上を期待するばかりであります。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。