スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バントは職人の仕事なんですが…軽んじられてる現状…。

日本シリーズでソフトバンクが多村に送りバントのサインをだして、2球失敗の後、ヒットを打ったシーンがあった。

多村は横浜時代からバントの経験がほとんどない選手。

秋山監督が、4番でもバントはさせる!といってたのだが、バントという作戦を軽んじてるのではないか?


バントという作戦は、アウト1つ献上してでも1つランナーを進塁させる【地味】な作戦。

地味が故に【確実にバント】という言葉が独り歩きした。
しかし、名手ならいざしらず、並の選手のバントの成功率は意外に低い。ましてやバントをしたことが皆無な主砲にバントというのはナンセンスで成功率が著しく低い愚かな作戦としかいいようがないのである。

しかし、そんなバント作戦も、いわばみせしめのように考えるチームも未だによく見かける

大砲のチカラに頼るチームに見かける傾向で、今回ソフトバンクにみられたのは些か残念であった。

同じ発想で、リリーフというのも軽んじる発想のチームもあったりする。どちらも職人の仕事なのに…もう少し冷静に選手を使う発想がチームに求められる。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。