スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実戦経験がない監督の明暗

2012が開幕して数試合がたちましたが、いつもながら面白い試合が多く飽きさせません。

今年からの新監督で、プロ野球のペナントでの采配経験が少ない監督が2人います。

まずは、日ハムの栗山監督、そして横浜の中畑監督であります。

栗山監督は現役引退後長らくスポーツキャスターとか、取材する立場で活躍、プロ野球を科学する感覚を学んできました。

中畑監督は長嶋茂雄氏の忠実なる教え子であり、プロ野球をいかにして盛り上げるかを意識してきた人です。

監督就任直後からマスコミへサービスしまくる中畑監督、最下位が続く球団が一躍注目の的になり、彼なりの活躍はしてきたと思います。

しかし、大事な公式戦がはじまると、継投のまずさが目立ちます

3月31日の試合では、左の先発投手からの交代で同型の左腕篠原を【右打者】に使い痛打され結果決勝点になったシーンがありました。

ブルペンでは、加賀という右サイド投手がスタンバイされていて、【何故加賀を使わない?】といぶかる場面となりました。
打者との相性とかみえないデータがあったかもしれませんが、それなら何故【同型投手】にしてしまうのか?
以前五輪で代表監督代行の時に内野手の名手の日ハムの金子誠を、守備固めといいながらプロで守った事のないファーストに入る、おそらく内野はオールマイティですよ、という情報で実際見ないで采配をする風潮があるのかもしれません。

外を意識するのはいいのですが、内部把握はしっかりしないと【勝つ】野球は難しいかと思います

そして対象的なのが、日ハムの栗山監督。

斎藤佑樹をエースにと、オープン戦でロクな結果出てないのに据えたりして、かなり疑問符があった人も多かったと思います、実際私もそう思ってました。
しかしフタをあけてみると、大舞台に燃える斎藤佑樹は力を発揮、采配も【確率の高い】と【最善を尽くす】をキーポイントに無駄のない采配をしてます。

こちらは逆に選手の力をじっくり見極めた結果がでた状況です。

勿論、勢い乗せたら中畑監督の本領もでるでしょうし、歯車が崩れた時の栗山監督に心配もありますが、まずは両監督の明暗がでたかな、という見解です。

今後の采配に注目ですね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。