スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和をもって尊ぶ、がチームを強くする

昨年はまとまり感が少なかった両チームが立て直しをはかっている。

まずは阪神、真弓監督は【外様】ではなかったが、【生え抜き】でもなく、近鉄のコーチ、そして岡田監督路線の踏襲と、【よそ行き】の采配が多かった。藤川の酷使というチームの要を傷つけ、ベテランに気を遣いすぎる布陣に勢いがなかった故に昨年低迷した理由があります。
今年から【生え抜き】の和田監督になり、見ていると、流石チームの事情を把握している、采配は極めて地味ですが明らかにチームがまとまってきている印象があります。

パ・リーグではロッテが、和をテーマにチーム作りをしていますが、昨年はフロント主導で生え抜き選手会長サブローを放出、和が乱れチームは最下位になったが、フロントがかわりサブローを戻し和でチームの再建を目指す体制を徹底してきてます。
まとまると怖さが増す両チーム、浮上はあるのでしょうか?期待が高まります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。