スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC優勝で隠れた問題

まずは、腐れ縁韓国に勝利、連覇と相成り、本当に嬉しい事であります

前回は棚からボタ餅という感じもあったが、今回は、強いとこをアピール、しかも、韓国と共に…
アジアの野球、スモールベースボールがいかに強いかを世界にアピールできた、今後数年で世界の野球が変わるかもしれない事である。

さらには投手陣が凄かった、守りもである
米国のメディアが面白い事を書いていた
【日本には、世界一と呼べる人がいる…それは…タカシロコーチである、彼の正確無比のノックが鉄壁の守備を形成してる】
あぁ、コーチを選ぶ時に確かにいいコーチを選んだな、と思ってたが、日本にとり当たり前が海外の強豪ができてない時点で優位だったといえよう。

原監督もよくやったと思う、パは常日頃みてないから名前で選んだ感は拭えないが、メジャー組の使い方は良かったといえる
やはり、日本にいたころのイメージでマスコミは主軸にメジャー組をという声はおおかったが、下位打線に据えて、期待はしないが【怖さ】だけは作った、

しかしながら、ふたつだけ、苦言をいいたい

韓国戦8回3ー1から、あっさり1点あげちゃった事
1死3塁、馬原が簡単に犠牲フライをあげるが、そこで藤川を使ってもよかった
簡単に点はやらない姿勢は欲しかったトコである
また、9回、ルイは【藤川を使うべき】である

専門職てのがあり、リリーバーは【立ち上がりの良さ】【修羅場の度胸】が必須だが、スターターしか経験のないダル、しかも以前の韓国戦で初回3失点…立ち上がりは危険、と学習してたはず、今のダルは日本一の投手だが、日本一のリリーバーではないのである

歴代の巨人の中では、リリーバーの専任制を理解してる監督のハズだが、何を血迷ったか、結果勝ったが、遺恨は残る、藤川が巨人戦で立ちはだかる場面も多々でるだろう、次回のWBCもおそらく采配するであろうが、選手の信頼を失う痛い失態をしたと思う。

優勝はしたが、原監督はまだまだ、成長しなけれならない壁があると思う
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。