スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球順位予想【パ】

昨日プロ野球が開幕します。
今回は難しいパを予想します

まずは【言い訳】から♪
(-.-;)どのチームも1位の可能性があり6位の可能性あります。

さ、逃げ道♪を作ったところで、順位予想を…


1位千葉ロッテ

【ピン】か【パー】かのチームです

正直年越あたりではビリ予想してました

1位に推した理由

1、WBCに主力を出さなかった。
前回のWBCは8人をだして、特に投手陣が崩壊する一因となりました

これは、WBCボールにより投球スタイルを変えていて、意外に修正が効かないからです
ま、今年は開幕まで1週間あったから、言うほど影響はないかもしれませんが、そして、【優勝による達成感】もシーズンに影響ありそうです。

2、先発投手陣
ロッテは岩隈、ダル、涌井みたく【S級】投手はいないものの【A級?準A級】の投手陣で固めてるので、勝ちは拾えそうです

3、バレンタイン胴上げにこだわる面々

これは【両刃の剣】です、ピンかパーの最大の要因ですね。
開幕で失速したら、ダメダメなシーズン、8月で優勝争いしてるなら突き抜けるでしょう。

いづれも【2010年問題】が控えており(ルイのサブブログ(野球日録集(仮)10月ごろの記事参照)、この戦力でのラストチャンスになりそうで、期待も込めての首位予想です。


2位、福岡ソフトバンク

昨年最下位は王監督勇退に伴う士気低迷によるもので、事実夏場まではAクラスにいたチーム。
力はあるし、WBC組はここも先発が杉内、抑えの馬原だけで比較的ダメージは少ない、若手にいい素材の投手も多いのも魅力だ。
秋山監督へスンナリ移行も出来て、【安定】しているチームである。
オープン戦好調の理由がそこにある

ただ、問題点もある、捕手がちっとも育たない。せっかくの若手投手もなかなか育たないどころか【四天王】もピリッとこない、捕手育成が急務なチーム事情、生命線なだけに、崩れるとしたらココになる


3位、東北楽天

投手陣の内容はパでも上位にあり、S級投手を2枚もつのは大きい、WBCでの影響次第だが、やはり侮れない。
ノムさんがおそらく最後の年になるかと思うが一致団結し、勝負強さ発揮すれば上位にいける。
捕手も育ちつつあるし守備面も整備されてきた
問題は打撃陣、山崎に過度な期待はできないし、リックもベテランの領域、若手育成が急務であるが、果たして


4位、北海道日本ハム

チームは目立たないが、強力投手陣と鉄壁守備陣、勝負強さはピカイチである
ダルビッシュはWBCで【らしくない】投球が目だったが、いかに修正できるか、抑えを林と考えてるみたいだが、果たして…ま、武田久もいるししっかり方針決まれば何とかなるだろう


チームが目立たないだけにS級選手がいかにひっぱるか、WBCの影響次第である
あとは監督、昨年順位予想で危惧していた【脱、近鉄】がいまいち出来てない模様、監督の采配も見物であります


5位、埼玉西武

敢えて昨年の覇者をBクラス予想します

無論冒頭で述べた通り優勝する力は当然ある。
しかしマイナス要因が多いのが気になる

1、デーブのフロント入り
良くも悪くも昨年はデーブの効果がでかかった。
しかし酒グセの悪さがたたり、現場を離れフロント入り、慕う選手は多く、影響は避けられない
2、投手陣の不安
涌井のWBC影響も気になるが、他先発投手陣の仕上がりが悪い、7年ぶりに日本球界に復帰するワズディンがいいのが目立つぐらい(巨人時代と比べコントロールが良くなった)、ま、好投手揃いなんで立て直してくるが、昨年のように上手くいくかは甚だ疑問である
ただ、片岡、中島は一皮むけた印象はある、
渡辺監督の手腕次第だろうか


6位、オリックス

大石監督がしっかりチームを牽引できるはじめてのシーズンとなる
本来は守りと足のチームにしたいとこだが、フロントは名前で選手をとってきて、なかなか難しい現状だが、昨年のように上手くまとめていけば浮上はある

一番心配なのは投手陣、昨年小松、近藤、金子…みんなイッキに開花した印象で研究されると潰される投手もでてくる、つまり【伸びしろ】がない、打線も助っ人カルテットは年齢も高い、苦しい戦いになるとみて最下位予想とした

ま、昨年もハズれまくりの順位予想、気軽にみてペナント楽しみましょう♪

では今日一日頑張りましょう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。