スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パ・リーグ順位予想

震災があり325の開幕が遅れたがいよいよ本日から今年のプロ野球が始まるにあたり、順位予想をしていきます。(筆者はロッテファン故私見的にはロッテが優勝という気持ちは当然だが、公平に判断しての予想になります)

1位、福岡ソフトバンク

懸念だった捕手の補強、摂津の先発転向が順調なのが大きい
細川の加入で近年不調だった投手陣は一気に蘇る可能性がある。
むしろ心配は野手陣、打撃重視の布陣は両刃の剣、特に守備はパ最悪の脆さも気になる。
今年は6球団共々一長一短がありどのチームにも首位とビリの可能性があるシーズン、敢えて【投手力】を評価して福岡ソフトバンクを推してみる


2位 東北楽天
岩隈と田中の2枚看板は他球団の脅威の的、嶋の成長、岩村、松井の海外組の加入、そして闘将星野仙一…、まだまだ戦力は足りないが震災でまとまったチカラはそれを補うだけのモノがありCSの切符は掴みそう。シーズン2位でCSを勝ち上がり日本シリーズにでる…と予想する
スタートダッシュにつまづくと一番グダグダになりそうだが…

3位 千葉ロッテ
パ・リーグの中でオフシーズン一番目立たなかったチーム
コバヒロと西岡の穴が埋まらないと指摘されてるが元々抑えが育つ土壌はあるのでなんとかなるとみている
むしろ西岡の穴だが荻野には負担がおおきすぎて守備力に頼る軟投派投手陣の致命傷になりかねない

しかしながら3位に推す理由として、唐川の1本立ち、清田の大化け、そして何より【外野守備陣の強化】である。
大松はさておいてここ数年の補強がそれに重きをおいていて、大松がDH【テギュンか福浦が何かあったとき】だと日ハムに負けない外野布陣になる。外野陣の強化は見えないクリーンアップなためこれに期待したい。ここもやる気がなくなるとグダグダになるが。


4位北海道日本ハム

ひちょりの穴が埋まらない。
梨田監督は攻撃重視の構えだが、これにより先般述べた見えないクリーンアップが崩れる。
中田の活躍は期待できるがやはりマイナス面が多いだろう

ダルビッシュは相変わらずだし、斎藤含めコマ数は足り、何より戦いを知るメンバーなので独走もありうるが、腐れ縁ロッテとAクラス争いが今年もみれそうな予感がします


5位 埼玉西武

細川の抜けた穴がふさがらない
戦力は揃っても毎年噛み合わない印象が強く、今年は細川捕手が抜け投手陣に多大なる影響がでるにちがいない
銀仁朗にはまだ1年通じての実績がなく、今年は我慢の年か。涌井やらGG、中島とか、年俸でもめた選手が多いのも気になるところ


6位はオリックス

若手の野手の育成が盛んなチームでのびしろなありそうだが、何をいっても金子の離脱が大きい
Sクラス投手1枚抜けるのは拮抗するリーグだとモロにでる。
のびしろが6球団の中ではありそうなので爆発すると一気にきそうである


飛ばないボールもあり、やはりカギは投手陣のデキになる、打線の西武オリックスを下位にしたが、ホントに力差のないシリーズ、楽しみである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。