スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セ・リーグ予想

パ・リーグに続きセ・リーグも順位予想をだします。

1位 東京ヤクルト

若手投手陣の台頭、化ける逸材がズラリときそう

由規の15~20勝を筆頭に、村中、増渕、挙げたらキリがない所、野手は際だって推すのはないが、一気に最強投手陣になり突き放すと見た。

2位、阪神
岩田、能見の2枚、久保と併せて一気に先発が揃った印象、元々から抑えのいいチームだけに強力投手陣は他球団の脅威になる
野手ではやはり城島、セ2年目でかなりノビノビやれそうだ。

3位 中日
よくもわるくも選手層があつい

ベテラン寄りの布陣だが、毎年ジリジリ若手も伸びてる。
昨年の日本シリーズの総力戦で若手もだいぶ経験もつめたので、シーズン途中でレギュラーが入れ替わりそう、割とスムーズに世代交代しそう。
総合的な欠点がないだけにこの順位は堅いかと思われる。

4位、読売
ルイ一番の推しは沢村、すでにバケた状態でのルーキー、問題なければ15ぐらいは勝つのではないか
しかしながら問題点が多々ある、統一球だ、坂本、長野みたいな中距離ヒッターが総崩れになる恐れがある。もともとホームラン打たないと評価されないチーム事情、打撃陣の崩れがBクラス予想にした理由である

5位 広島

マエケンに福井がいい仕事をしそう、大竹が復活したらそこそこの陣容にはなる、昨年程置いてはいかれないだろう、が、打力、層の厚さには乏しくやりくりで苦労しそう。
今、セでは唯一のSクラス投手のマエケンの負担は相変わらず大きい

6位 横浜
昨年オフ身売り話が出てゴタゴタが絶えないチームだが、渡辺直とひちょりの加入、近藤もかなり計算つく。
守備陣がボロボロだったのが断トツの最下位の原因、センターラインの強化はかなり戦力アップになる
昨年程無様な戦いにはならないが、まだ他球団との差は大きく最下位評価。
個人的には真下投手の成長に期待している。

セも力差は縮まってきている、下位予想2球団の頑張り次第でパ並の激戦もありうるだけに面白いシリーズを期待するばかりである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。