スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

存在感抜群リリーフ捕手、中嶋聡

4/18、日ハム対ロッテ戦
ロッテ1点リードでの9回に、42歳になる、阪急ユニフォームを着てた最後の選手、中嶋聡がリリーフ捕手に出てきた。
リリーフ捕手、一時期リリーフ投手マイケル中村の専属捕手として9回に出てきた事からつけられているのだが、ここ2~3年は出番が激減している。


久しぶりに拝見したが、低めへの配球のリード、キャッチング、1塁ランナーへの牽制サインプレー…僅か1イニングながら唸らせるモノがあった。
日ハムは若手で大野、安定感で鶴岡の2枚だが、鶴岡がケガをして、兼任コーチで3番手捕手の中嶋の出番が増えたのだが、このような活躍をみるとまだまだ見限れない。

若い頃は古田以上の強肩で、エース星野伸之の投じた球を素手でとり、より速い球で返球したり、ベテランになってもあえて西武にFAで行き不動のベテラン捕手、伊東勤にレギュラー争いをしかけたり、まだ3年前にはスピードガンコンテストで146キロだしたりして若手をおさえつけたり、流石に25年やってる糧がある。

これだけの宝、選手として1年でも長く頑張って欲しいものである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。