スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温室栽培?斎藤佑樹の育成方法

高校時代から知名度があり、早稲田大学を経て4球団競合で北海道日本ハムに入団したハンカチ王子こと斎藤佑樹。投げてる球は普通の域ながら、時折上手さをみせ、先発陣の片隅で踏ん張ってる…というのが現況である。

ただ、少し起用法に疑問が残る。
球団全体が【傷口】を懸命に隠すように、大事に育てすぎてるキライがあるのである。

先日、楽天戦で勝ち投手の権利目前で四球連発で4ー2のリードの中降板、結果リリーフ陣が抑えチームは勝利したが…

これが、ベテランの先発6番手なら当然の采配なんですが、投げてるのは、まだプロでの経験値の少ないルーキー、大きく育てるなら、せめて同点、または逆転されるまではなげさせないといけなかったのではないか?

違う場面でも、途中まで持ちこたえててリードの場面で、6、7回で投手交代、確かに自慢の中継ぎ陣、そして2位とはいえ貯金もある状態。完投を意識させて使わないと、今後も5~6番手の投手で終わる。

ルーキーだからこそ、失敗が許されるのもあるので、今後チームとしての戦力としてみるなら、今の【捨て試合】も必要ではないだろうか。

いづれにしても、マー君に追い付くためには乗り越えないといけない壁は幾重にもある、起用法がその壁を越える橋渡しになると信じて使って欲しいものである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。