スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いくつもの方程式をもつ強み、ソフトバンク

日本シリーズ、中日とソフトバンク、実に面白い対決をしている。
強力な先発陣もさることながら、リリーフ陣の層の厚さがウリの両チーム。特にこのシリーズ、ソフトバンクのリリーフ陣の出来が左右されている。

初戦、2戦目と、ソフトバンクのリリーフエース馬原が10回同点で登板、2死の後失点で敗北という、いわば逆シリーズ男となってしまった。
しかしながら、普通のチームならば1つしかない【方程式】だけど、層の厚さが出来る【余裕】がチームにあった。

馬原を休め、好投を続ける連投のファルケンボーグを臨時にリリーフエースに仕立て、次は4連投のファルケンボーグをベンチから外し、代わりに先発転向して成功した摂津をリリーフにまわし休ませた馬原が仕事をした。
馬原も吹っ切れたし、摂津も後ろでフル回転で使える、ファルケンボーグも休めて使える状況。無論先発に摂津が抜けても和田、杉内が控える
敵地で3つ取ったソフトバンク、抑えに【死角ナシ】で多彩な方程式を使え、ホームで迎えうてるのはかなり有利と言える。6、7戦の戦い方が注目される
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ホークスは良いピッチャーが多いね。
だけど、昨日の摂津、抑えはしたけど、流石に100球以上投げて
中1日。昨日の急速は140にも満たないヘロヘロ状態。
フォークを上手く使った細川のリードで切り抜けたが、ちょっと無理があるギャンブルだった。
とはいえ、その賭けに勝ったのは見事だし、そういう賭けに出る勇気は評価したいね。

うちの前監督ナシダじゃ無理だろうな。もう来年はいないからいいけど。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。