スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温室栽培?斎藤佑樹の育成方法

高校時代から知名度があり、早稲田大学を経て4球団競合で北海道日本ハムに入団したハンカチ王子こと斎藤佑樹。投げてる球は普通の域ながら、時折上手さをみせ、先発陣の片隅で踏ん張ってる…というのが現況である。

ただ、少し起用法に疑問が残る。
球団全体が【傷口】を懸命に隠すように、大事に育てすぎてるキライがあるのである。

先日、楽天戦で勝ち投手の権利目前で四球連発で4ー2のリードの中降板、結果リリーフ陣が抑えチームは勝利したが…

これが、ベテランの先発6番手なら当然の采配なんですが、投げてるのは、まだプロでの経験値の少ないルーキー、大きく育てるなら、せめて同点、または逆転されるまではなげさせないといけなかったのではないか?

違う場面でも、途中まで持ちこたえててリードの場面で、6、7回で投手交代、確かに自慢の中継ぎ陣、そして2位とはいえ貯金もある状態。完投を意識させて使わないと、今後も5~6番手の投手で終わる。

ルーキーだからこそ、失敗が許されるのもあるので、今後チームとしての戦力としてみるなら、今の【捨て試合】も必要ではないだろうか。

いづれにしても、マー君に追い付くためには乗り越えないといけない壁は幾重にもある、起用法がその壁を越える橋渡しになると信じて使って欲しいものである。

サブロー放出による球団の思惑と感想。

先日、千葉ロッテは読売とのトレードが成立したと発表した。

ロッテからサブロー、読売からは工藤+金銭との事。

12球団公平にみるこのブログだが、筆者は古くからのロッテファンなので、私事だが、憤りを感じた。スレッドとかチェックしても、ロッテファンは一様に同じ思いをしているようにみえる

ただ、私事は個人ブログにだすことなんで、冷静に、長らく【顔】だった選手の扱いについて考えてみるとする

普通、顔だった選手は若手台頭して、自分の出番が減り、年俸が下がり、自分の活躍場所がなくなり引退をする。
そして活躍の場を求めてFAなりトレード志願したりするものである。

今回のケースは、サブロー選手が何度かのFAでも、悩んでロッテ一筋の方向にして、若手の台頭がきて出番が減ってきた…かな?という矢先の出来事であった。

無論長い目でみればやがて活躍が減り、数年後に引退もあっただろう。でも、まだ、若手とのレギュラー争いが決まってない状況。周りもサブローはまだ必要。と見てた中、売り渡した格好になった。

仮に、欲しいポジションがありトレードとして考えて、巨人が相手とかはさほど意味はないが、交換する選手に意図がみえなかったのは残念だ。
たくさんいる同型外野手。せめて得点力のある高橋由伸とか、中継ぎの戦力で西村とかならわかるが、何故同じようなコマを仕入れたか?

結果は時間が証明してくれるだろう。意図も。

ただ、チームの顔の放出は、オフシーズンならいざしらず、あまりにも唐突であり、せっかくファンが増えてきてるのにかなり衝撃を与える結果になった。少なくとも、チームの功労者には、それなりの道筋、またはチームに絶対の意図ある補強のための犠牲ぐらいの事がないとだしてはならないのである。

球団はいろんなイベントやら環境を作り一定の評価は得てるが、ハードではなくソフトの部分の選手を大事に使わないと、ハードも機能しなくなる事を、フロントは気づいて欲しいものであるし、願っている。

脇谷ポロリ事件にて…

先日伝統の一戦、巨人阪神戦にて、巨人のセカンド脇谷へのフライをお手玉して落球する場面があり、判定した1塁塁審が背後からというのもあり、捕球と判定、アウトになったシーンがあった。

この試合、阪神のセカンドの平野の超ファインプレーなど好プレーが続いてた流れもあったが、この1プレーで一気に台なしになった感じであった。

当然阪神真弓監督は抗議するも審判団の協議すらなく判定は覆されなかった。

その時のVTRだと完全に落球の瞬間が映り、球場全体の大多数も落球を確認してた状況なので審判へ非難が集まるかと思ったが、試合後、脇谷が、ふてぶてしく発言したのが原因で翌日脇谷には全打席ブーイングがでたという。

この一連の事態に、なんか違和感があったので書いてみることにする

まずは阪神ファンならびにアンチ巨人の皆様、非難するべき相手は脇谷ではなく審判にするべきだと思う。
脇谷としたら、シラを切るのもプロならありえるし、非を認めるわけなんてないし、むしろ本題の誤審を追求すべきで審判団の協議とかはあってもよかったのではないかな
09年のフロント批判に徹したロッテの応援団(MVP)は西岡選手の訴えに西岡批判をするが、周りからの非難を浴びて退場した経緯もある。
非難が応援団の役割ではないので、どうか脇谷へのブーイングはやめてほしい

しかしながら、その脇谷もありえない対応をしたともいえる

ダーティーなキャラが定着している選手ならいざしらず、まだ【若手】とちやほやされどちらかといえばクリーンなイメージがあっただけに、この一言の代償は大きいかと思います
わざわざ誤審ですむ案件を全部しょいこむ結果に、脇谷選手以外にも、やはり一言の言葉選びには気をつけて欲しいものである。

そして、審判員。
いくら絶対的な存在とはいえ、確認のために協議は必須。
今ではVTRもあるので、4人制+VTR用審判も作り、物言いみたく対応してもいいんではないかな?
世界基準で6人→4人審判になってきてるが、逆に日本発でVTR審判員を作り世界基準にもっていってもいいのではないか。

とにかく、すべてを台なしにする誤審、審判員の意識向上を期待するばかりであります。

統一球使用による変化。

東日本大震災のために開幕が半月遅れたが数試合終えて、気になる統一球の影響は?それを考えてみる

事前の予想だと、飛ばない球故に投手有利とうたわれてきたが、大筋ではそうなのだが、打者にとってプラスにでている場面もあるのに気づいたので、とりあえずだが、挙げておく

セ・リーグではスレッジが4本、パ・リーグでは福浦が2本すでにホームランを打ってるが、生粋のホームランバッターよりも、スイングスピードが速いバッターの方がホームランが出やすい感じに思える、飛ばないボールだが、芯に当たれば関係ない、ということだろう。
パワーでもっていくスラッガーの不振と、打撃センスの高い中距離ヒッターの好成績…このような図式になっていきそうと感じました。

こればっかりは、しばらく様子見なんですが、後日データが出揃ってきたら改めて記事にしてみたいと思います。

存在感抜群リリーフ捕手、中嶋聡

4/18、日ハム対ロッテ戦
ロッテ1点リードでの9回に、42歳になる、阪急ユニフォームを着てた最後の選手、中嶋聡がリリーフ捕手に出てきた。
リリーフ捕手、一時期リリーフ投手マイケル中村の専属捕手として9回に出てきた事からつけられているのだが、ここ2~3年は出番が激減している。


久しぶりに拝見したが、低めへの配球のリード、キャッチング、1塁ランナーへの牽制サインプレー…僅か1イニングながら唸らせるモノがあった。
日ハムは若手で大野、安定感で鶴岡の2枚だが、鶴岡がケガをして、兼任コーチで3番手捕手の中嶋の出番が増えたのだが、このような活躍をみるとまだまだ見限れない。

若い頃は古田以上の強肩で、エース星野伸之の投じた球を素手でとり、より速い球で返球したり、ベテランになってもあえて西武にFAで行き不動のベテラン捕手、伊東勤にレギュラー争いをしかけたり、まだ3年前にはスピードガンコンテストで146キロだしたりして若手をおさえつけたり、流石に25年やってる糧がある。

これだけの宝、選手として1年でも長く頑張って欲しいものである
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。